ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

成長記録

1歳2ヶ月の発達と成長

投稿日:2015-06-18 更新日:

いつの間にか1歳3ヶ月になっていました。
スーパーの店員さんに月齢を聞かれて、
「あれ、そういえばもう1歳3ヶ月だ!」と気付きました。
これしょっちゅう書いていますが、1歳過ぎてからは毎日がとにかくものすごいスピードで過ぎていく気がします。

発達と成長についての記録を残しておきまーす。

 

スポンサーリンク

1歳1ヶ月~1歳3ヶ月の発育・発達

  1. 「ブーブー」などの意味のある単語が出る子が多くなります。
  2. 上下の前歯が生えそろいます。
  3. あんよを始める子が増えます。

出典:はじめての育児: 生まれてから3才までの育児はこの1冊におまかせ!

  1. ×
  2. ×

意味のある発語なし

「ばぶばぶ」「まんまんまんまん」「あー!!!(奇声)」などが主な発声。
言葉がはやくでている子のお母さんをみると、わたしの倍くらい声掛けをしている気がする。
もうすこし息子に話しかけなきゃいけないのかなぁと思っています。

まねっこが上手に

「いただきます」「ごちそうさまでした」で両手をぱちんと合わせる。
よっぽど機嫌が悪くなければしっかりできるようになりました。
口に手をあてて、「あわわわわ」というとまねっこ。これは本当にかわいい!

コップ飲みクリア

1歳過ぎてからずっと練習していたコップ飲み。
コップを口にあてるところまではすぐに習得したのですが、コップを上に傾けることができず。
思いっきり俯いたまま勢い任せにすするというテクニカルな技まで覚えてしまいました。
どうしたものかとネットで調べてみたところ、『コップを自分で持たせるとうまくいく』という情報が。
それまでずっと、コップを放り投げたり落とされないように、コップの底を軽く支えていたんです。
試しに息子にひとりでコップを持たせたところ、なんと一発で成功。
この二ヶ月間の苦労はなんだったんでしょうかね…!
まだまだ失敗も多いので一日何度も総着替えになりますが、すこしずつ上達しています。

ひとみしりが始まった?

誰にでもにこにこ、託児をしても終始ご機嫌だった息子ですが、ここに来てひとみしり?いや後追いの一種かな?
先日いつものように歯科医院で託児をお願いして治療を受けていたところ、託児ルームから大音量の息子の泣き声が。
これまで不機嫌になったことすらなかったので、保育士さんもかなり驚いたそう。
治療を終えて託児ルームへ行くと、泣きながらはいはいで近付いてぎゅっと抱き付いてきて。
かなり珍しいことなので正直嬉しかったですが、これからは一時保育を利用する時なんかに苦労するかもしれないですね。

注意されていることを認識できるように

真面目な顔で「辞めてね」「だめよ」と言うといたずらの手を止めるようになりました。
意外とこちらの話していることが理解できるようになっているのかも。
ただ、わたしや主人が注意すると、自分で自分の側頭部を叩くようになってしまって。
よくあることなのかな。
なるべく他に気を逸らすようにしていますが、痛そうだしこちらも見ていて胸が痛みますし。
なにか良い対処法があったら知りたい。
もうね、結構全力で叩いているのでちょっと見ていて怖いです…。

歩かない

もう伝い歩きはだいぶスピードもでてきて上手になったんですけどねー。
手をとれば歩きますが、ひとりで歩こうとする素振りも見せません。
はいはいもほとんど腰の浮いた高這いになっているので、そろそろかなと思っているんだけど…どうだろう。
身長の割に体重があるので、体が重たいのかなぁ。
「息子は慎重派だからね~」と主人は言っているので、成長をのんびり待ってみます。

【追記】
二足歩行の練習、始めましたー!

おむつ パンツM→パンツLに

おむつストックをようやく消費できたので、パンツMからパンツLにサイズアップ。
家計負担は増えますねぇ。
早生まれなので、トイトレは来年夏の予定。
まだまだおむつにお世話になるので、今後はちゃんと特売の日に買いに行くことにします…!

 

こんな感じかな。
言葉はでていませんが、情緒は発達してきたように感じます。
マイペースに、と言いながらも毎日一緒に過ごしているわたしは焦ってしまう面もあるのですが。
肝っ玉母ちゃん目指して、じっくり息子に付き合っていこうと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-成長記録
-,

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.