ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

こどもの病気・ケガ

幼児の低血糖?冷静に対応できずに落ち込む

投稿日:2015-06-29 更新日:

1歳3ヶ月の息子がめずらしく晩ごはんを食べずに寝落ちしてしまった翌日、日曜日の早朝のことです。

土曜の昼食は正午頃に取り、16時におやつとして赤ちゃんせんべいを一枚食べさせました。
その後18時前に寝入ってしまい、結局わたしが就寝しようと寝室へ移動した時もぐっすり。
お腹が空いたら夜中にでも起きてくるだろう、とたいして心配せずに布団へ入りました。

息子の小さな泣き声で目が覚めたのは翌朝の5時過ぎ。
わたしよりすこしはやく目を覚ました主人が、息子に麦茶が入ったマグを用意して飲ませていました。
すこしはやいけれど朝食にしようと思い、息子を抱き上げると若干熱っぽい?
二人でリビングへ向かい、息子をハイチェアに乗せた時にいつもとなんだか様子が違うなぁと感じました。

食事を準備するまでの間になにか食べさせておこうと、パントリーへ赤ちゃんせんべいを取りに行き戻ってくると、息子が体を震わせていました。
驚いて抱き上げようとすると、息子が震えながらも必死にせんべいに手を伸ばして。
そこで初めてこの震えが空腹によって引き起こされたものかも?と気付きました。

急いでせんべいを手渡すと、ぶるぶる震えながらこれまでみたことのない速さで一生懸命それを口に入れていて。
正直、その時の息子の様子と自分が置かれた状況が恐ろしくて、逃げ出したい気持ちでいっぱいになりました。
主人を起こすことも、その時はまったく思いつきませんでした。
とにかくなにか食べさせなくてはいけないと思い常温でそのまま食べられるBFを用意して。
BFを半分ほど食べた頃には、いつの間にか震えは収まっていました。

一時間ほど様子をみて、眠そうだったので寝室へ戻りました。
そのまますぅっと眠って、8時過ぎに目を覚ました時は普段通りの息子に。
いや本当に、なにもなくて良かったです。

 

ただ、気になるのは震えの原因。
育児書などにそれらしき病名はなく、『空腹 震え』などで検索すると低血糖では?との情報が。
調べれば調べるほど深刻な事態ばかりが目にとまり、不安になってきて。
病院へ行くほどではないと思ったのですが、今朝念のために保健所の育児相談窓口へ連絡してみました。
担当の方からいただいた情報を箇条書きでまとめます。

  • 意識がない、反応がない場合は痙攣の可能性もあるため病院へ
  • 食事をとってすぐに震えが収まったならば、様子を見てもよいと思う
  • ただし、今後も同様のことが続く場合はその時の様子を録画・記録して病院へ
  • まず、極度の空腹状態を作らないようにしてもよいかも

とのことでした。

やはり空腹によるものだったのかなぁ。
今週予防接種で小児科へ行くので、その時に一応相談してみようと思っています。

それと、どんなに熟睡していても必ず起こして、一口だけでもなにか食べさせることにしました。
わたし自身も空腹で貧血症状がでることがあるので、体質的なものかも。
そこら辺も小児科で聞いてみよう。

保健所の方にいただいた助言は、息子の様子や持病の有無などを総合的にみていただいたアドバイスなので、すべてのお子さんに当てはまることではないと思います。
同様のことがあれば医療機関など適切な施設でご相談されてくださいね。
いつも一緒にいるお母さんから見て様子がおかしいと感じたなら、おおげさかな?と思わずに病院へ行くように指導されました。

 

それにしても自分の情けなさといったら。
どのくらいの時間震えていたかと聞かれて、動揺してまったく覚えていなかった自分に本当に失望しました。
こちらが動揺していたら息子も不安に感じるし、こういう時だからこそ冷静に対応しなくちゃいけないのになぁ。
反省しきりです。

【追記】
小児科で相談してきました。
息子の様子を聞いた限りでは緊急性はないが、同じことがまた起こるようであれば脳波の検査などをする必要があるとのこと。
まず同じような状況が起こらないように、晩ごはんは必ず取らせるようにしてみてくださいと指導されました。
参考までに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-こどもの病気・ケガ
-

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.