ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

平凡な主婦が思うこと

年上ママとの付き合い方をちょこっと若い母が考える

投稿日:2015-07-31 更新日:

出産前、メディアでたびたび取り沙汰される『ママ友トラブル』とやらに怯えていたわたし。
元々友達を作るのも得意な方ではありませんし、こども関係の付き合いで揉め事が起きるほどの親密な付き合いって必要なのか?と思っていました。

 

スポンサーリンク

そもそも、ママ友付き合いって必要なの?

実際のところ、こどもが小さいうち、特に就園するまでは親密な付き合いが必須ということはないなぁと思っています。
そういうお付き合いをされている方達もいらっしゃいますけどね。
わたしは付かず離れずでやっていますが、今のところこのスタンスで困ったこともないです。
月に二~三回、こどもを連れてでかけたり、お宅にお邪魔したりお招きしたり。
正直、これでも自分にしてはかなり頑張っている方だと思っています。
息子と二人で過ごす方が(疲れるけど)気も使わないし。

ただ、同年代のお友達と遊ぶと息子も楽しそうですし、そういう機会が定期的に作れるのは良いことだなと思っています。
あと幼稚園情報なんかは、インターネットよりもママ友ネットワークが強いし正確です。

まぁ支援センターや児童館に通っていれば顔見知りもできますし、『ママ友付き合い』に抵抗があるなら無理をする必要はないんじゃないかなぁ。
わたしも、『ママ友』というワードにはなんか違和感あるんですよねぇ。
過去記事でも、いつも『ママ友』ではなく『息子のお友達のお母さん』というワードを使っています。
なんかこれはこれでイヤミっぽい気もしますが…。

今日はあえて『ママ友』という言葉を使っていきます。

 

年上ママと程よい距離感を保って付き合う方法

わたしは、都市部では早い方、地方では普通?むしろ遅い方かな?くらいの微妙な年齢で息子を出産しました。
現在は地方在住ですが、居住エリアでは若いお母さんは少数派。
わたしがよく会うママ友達も、会話に隠されたヒントから推測するにおそらく一回り近く年齢が違います。

出産前、同じく若く出産した友人からもらったママ友付き合いのアドバイスは
「にこにこして、妹キャラでいれば大丈夫だよー!みんな親切にしてくれるよ!」
というものでした。
これは結構人を選ぶと思うんですよね。
彼女は昔からとにかく明るくて気さくで、いつも輪の中心にいるような子でしたし、あとアレです。かわいいです。

わたしみたいに可愛げもない上に、程よい距離感を保った付き合い方をしていきたい人間には向いていません。
そもそも、『ママ友付き合い』は基本的にWin-Winの関係でなければ継続していくことができないんですよね。
若いから多めに見てもらえる、優しくしてもらえるのは未婚の時だけです。

というわけでちょっと脱線しましたが、年上のママ友と程よい距離感を保って付き合っていくためにわたしが心掛けていることをまとめてみます。
がっつり仲良くやっていきたい場合は、この限りではないですよー!

年齢ネタにのらない

年齢聞かない。
年齢聞かれても答えない。

大前提として、ママ友付き合いに余計な個人情報は不要です。
極端な話、こどもの氏名と月齢とLINEのIDだけわかっていれば付き合いが成立します。
母親の年齢は必要な情報ではありません。

若いお母さんだと、結構な頻度で年齢を尋ねられると思います。
これ、基本的には答えなくていいんじゃないかなぁ。とわたしは思ってる…わたしはね…。
うっかり教えちゃうと、なにかって言うと
「あー若いもんねー」
「あたしはおばさんだからさー」
と返答に困る発言をされる確率が上がります。
これ、自分も今後気をつけようと思うんだけど、悪意がある発言ではないんですよね。
決まり文句みたいな感じで。
でも言われた方は「いやいやなに言ってるんですかー」っていちいちフォローしなくちゃいけなくなりますからね、やめましょう。

ここ数ヶ月で出会ったママ友には年齢聞かれてもふわっとごまかしてますし、
年上ママ達の「学生時代に〇〇(バンド)流行ってて~」「懐かしい~!」みたいな会話は、話は振られないけど「え?もしかして知らない!?」と突っ込まれないくらいの絶妙な顔で聞いています。
この顔ほんとに絶妙だと思う、見てもらいたいくらいです…。

あーあとあれだ、独身の子とかでもよく見かけるけど変にへりくだっても墓穴掘りますよね。
「いやー私ももう若くないですよ、シミとかでてきたしぃー」みたいなの。
ダメ。ゼッタイ。
内心ムッとされてますよー!

 メールは丁寧に、会ったら親密(そう)に

明らかに年上のママ友だけでなく、年齢の近そうなママ友にも『ですます調』で話すことにしています。
余計な疑念や誤解を生まないですし、楽ちん。
メールやLINEなどでは慇懃無礼にならない程度の尊敬語で、一緒に過ごしている時は語尾に「ですます」つけるくらいのラフさです。
みんながため口でテンポよく喋っている時に、一人だけがっちがちの敬語でいるのもなんだかおかしいので。
失礼だなーとも、なんか距離ありすぎない!?とも思われないくらいがベターかなぁと。

 

まとめ

  • 年齢に限らず、個人情報はあまり漏らしすぎない
  • あたりさわりない会話をする

若いからぽろっと教えてくれそう!と思われるのか、わりとしょっちゅう家賃とか主人の勤務先とか「それ聞くかねぇ?」ってこと聞かれます。
そしてあれですよ、そういう質問をする人は結構な確率でそのまま誰かに話しちゃいますからね!
公になって気持ちの良くない情報であれば、無理に答える必要ないと思いますよー。

 

ここまで読み返してみて思ったのですが、年上ママに限ったことではないですよね。
付き合いのあるお母さん達が年上の方達ばかりなので、こういうまとめ方になってしまいましたが。
これ追記になっちゃうんですけど、


他人との接し方以前に、まず自分を見つめ直しませんかーってことですね。
ちょっと偉そうな物言いになってしまいましたが。

程よい距離感を保ってママ友付き合いをしていく、というスタンスを変えるつもりは今のところありません。
いい大人が言うなって感じですが、ひとみしりのわたしにはこのくらいがちょうどいいかなぁと。
一応転勤族なので、あんまり親密になりすぎても別れが寂しくなるかなということもあります。

息子が就園してママ友と毎日顔を合わせるようになったら、もっと親密な付き合いが必要になっていくんでしょうかね~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-平凡な主婦が思うこと
-

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.