ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

育児

ただただかわいい瞬間があるからこそ、毎日の育児を乗り切れる

投稿日:2016-02-02 更新日:

朝からとにかく眠たくて、とは言っても息子を放って眠り呆けるわけにはいかないので午前中は支援センターに遊びにいって。
大はしゃぎでたくさん遊んだ息子は案の定帰宅する前にベビーカーでお昼寝タイム突入。
玄関にベビーカーを置いたまま昼食を作って一人で食べて、さてわたしもちょっと寝るかぁと思ったら息子起床。
お昼寝は約30分ほどでしたが、昼食を食べさせたらすっかり元気いっぱいで、もう一度寝てくれそうな感じはありませんでした。

わたしも限界がきていたので、寝室にトミカの絵本やプラレールなどを持ち込んでお昼寝させてもらうことに。
こんな時は、飽きてきたらプラレールなどを使って思いっきり殴って起こされるパターンがほとんどです。
被害を最小限にしようと、布団に包まって体を休めていました。

しばらくは寝室の隅で絵本を見ながら「あ!でしゃ(電車)、あった!」とぶつぶつ言っていたのですが、飽きてきたのかわたしの方へ向かってきました。
「うわーきたー殴られるー…」と怯えていたら、布団を捲ってわたしの隣にすっと入って横になる息子。
眠る様子はなく、ただ隣にきてくれただけのようで。
「どうしたー?」と声をかけたら突然、わたしの頬にちゅっとしてにこっと笑いかけてきました。

彼氏かよ。イケメンかよ。

その後も頬をすりすり、頭なでなでとフルコースをいただきました。
保育園で覚えてきたのかしら?
結局寝かせてはくれなかったですが、二人でキャッキャッ言いながら楽しく布団の中で過ごすことができて非常に癒されました。
「あれ~息子くん、どこ行ったかな~…いた~!!!」というベタな遊びを30分近くした気がします。
こどもってハマるとなかなか飽きませんねぇ、本当に。

普段はわがままばっかりですけどね、なんなら今日は朝からご機嫌ななめだったし。
こんな風にただただかわいくてしょうがない日があるからこそ、イヤイヤ期も乗り切れるってもんですねぇ。
がんばるか~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育児

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.