ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

平凡な主婦が思うこと

ヤンキー上がりのパパと分かり合えた日

投稿日:2015-10-16 更新日:

つい先日、スーパーでの出来事。

その日はベビーカーで買い物へ行ったのですが、持病の調子が悪く。
肘がこわばっていてカゴを持てる状態ではなかったので、ベビーカーとカートを同時に押しながら商品を見ていました。

ただでさえベビーカー押すの苦手なので、当然苦戦。
ふらふらしながら進んでいたら、角を曲がったところで小さなお子さんが乗ったカートにぶつかりそうになってしまって。
「ごめんなさい!!」とすかさず謝ったら、「イヤイヤ、全然いいですよ~。ベビーカー大変ですねー」と優しく返してくれたのはモロ!ヤンキー上がりの父ちゃん。
仕事帰りなのか作業着。金髪。ちょっと剃りこみ跡残ってるー!!!

「いやほんとに申し訳ないです…」と委縮していると、息子とあちらのお子さんどちらもお互いを気にしあってなにやらわーわー言い始めて。
するとヤンキー父ちゃんが一言。
「え、いま何ヶ月くらいですか~?」

あれ、いま支援センターで談笑中だっけ?と錯覚しそうになりました。
よく見たらヤンキー父ちゃんは優しそうな顔してます(剃りこみ跡あるけど)。
以下、急速に仲良くなる。

「一歳半なんですー」
「え!大きいですよね~!」
「一歳くらいですか?」
「いやー今ちょうど一歳なんですけど、うちの子ちっちゃいんです」
「うちの子もずっと小さかったけど、ほんとに急にでかくなるんで大丈夫ですよ~」
「そうなんですか!あ、もう歩きますー?」
「毎日走り回ってます。でも歩き始めは一歳三ヶ月とかで」
「うちまだ歩かなくて、嫁と二人で遅いよねって心配してて」
「全然まだまだ焦る時期じゃないですよー!もう歩き始めたらあっという間ですよ~」



結局5分ほど話し込み、笑顔であいさつして解散しました。
なんなら、こどもを介して知り合った人の中で最もはやく打ち解けられたし、話しやすい方でした。

見た目って一番わかりやすい判断基準だと思ってて、第一印象で「たぶんこの人、仲良くなれないなぁ…」ってなったらこっそり心の壁を構築してしまいがちだったのですが、ちょっとこれは良くないのかもなーと。
幼稚園で習うようなことですけど、改めて。

他人を見た目で判断してはいけません

初めて< big >タグ使ったかも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-平凡な主婦が思うこと

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.