ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

平凡な主婦が思うこと

思わせぶりなことは言わない

投稿日:2015-05-17 更新日:

春って人間関係について考える機会が増える気がします。
卒業や進級・進学で別れや出会いがあったり、新しい環境に身を置くことが多いからかもしれません。

わたし自身は、「人付き合い好き!友達大好き!」という人間ではありません。
誰とでもすぐに仲良くなれる人ってすごいなぁといつも感心してしまいます。
そういう人ってたいてい誰にでも親切で優しいし、話題も豊富で。
どこで差がついたんだろうかと真剣に疑問に思うことがあります。
同じくらいの年数生きてきたはずなのに、なんでこんなに違うのかなぁと。
まぁこれまでの環境とか経験とか行動とかすべてひっくるめて人格は形成されていると思うので、付け焼刃で真似できるものでもないと思っています。
というわけで、わたしは自分の性格や感情と折り合いをつけながら生活しています。

人付き合いしていく時にわたしが気を付けていることは三つ。

  • 誰にでも丁寧に接すること
  • なるべく親切にすること
  • 自分がされて嫌なことは絶対にしないこと

丁寧に接したり親切にすることで「うわ、このひと嫌い!」って思われることは滅多にないです。
苦手だなって思う人はいるかもしれませんが、出会うひと全員に好かれるなんてことはできないですもんね。
今は息子を通じた人間関係が多いので、変な言い方ですが浅く広く?
こういうお付き合いにおいてはこれで問題ない気がしています。

自分がされて嫌なことは絶対にしない。
幼稚園で習ったようなことですけど、案外これ無意識でやっていることってあると思うんですよね。

SNSが普及してからよく見かけるようになって、これだけはしないでおこうと心に決めたのが思わせぶりな言動。
『気分悪いわ』『まじうざい、あえて名前はださないけど』だけの投稿とか。
『ツイートみると嫌な気分になるので、フォロワー整理することにしました◎』とか。
わたしの場合、最近はコメントやメンションを飛ばす程度しかSNSを利用しないので心当たりはないのですが、それでも「もしかして嫌な思いさせたかな?」と不安になります。
あ、これがいま流行りのSNS疲れってやつなんでしょうかねー。
不満や愚痴を吐き出したいっていう気持ちは理解できますが、無関係の誰かを不安にさせたり、嫌な思いをさせるようなことはしたくないなぁと思いました。

こんなことを言っているけれど、息子を妊娠していた時はちょくちょく「体調悪い」とか「ごはん作れない」とか書いていた気がします。
出産するまでは一部の友人以外には妊娠しているとことを言っていなかったので、これも思わせぶりな言動に入るかも。
気を付けよう。

ちなみに、悪口や噂話はしてもいいと思っています。ただし、気のおけない少人数の友人とだけ。
わたしは友人二人と妹とだけはそういう話もします。
自分と同じレベルの性格の悪さでその場ででた話題を口外しないと信頼できる人、と限定するとこの人数になりました。
たまーにする噂話大会とか、最高に楽しいです。
なんだか前半は本来の自分とはかけ離れた性格良さそうな記事になってしまったので、軌道修正しておしまいにします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-平凡な主婦が思うこと

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.