ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

育児

おっぱいでわかる風邪の予兆【母乳育児あるある?】

投稿日:2017-04-26 更新日:

完母のいいところは、とにかく楽なところ。
寝かしつけも、機嫌が悪い時も、とにかくおっぱいでどうにでもなる。
外出中もお湯のことを心配しなくていいし、消毒も不要だし。

その代わり、授乳期間中はとにかく子どもとニコイチでいなくてはいけなくなってしまうのが難点。
二人目だから外出することも多いだろうし、次男は混合で育てようと思っていました。

ただ、産後慌ただしく生活しているうちに、いつの間にか今回も母乳育児で落ち着いてしまって。
毎日せっせと授乳する日々を送っています。

 

幸いなことに母乳の出は悪くないのですが、産後すぐは一人目と同じく分泌過多に悩まされました。
しょっちゅう乳腺炎になりかけて、一晩中かちかちのおっぱいを絞ったり…(たぶん、あるあるだけど)
生後2~3ヶ月を過ぎる頃には滅多なことではおっぱいも詰まらなくなって、今では自分自身の体調のバロメーターになっているなぁと思います。

「あれ、なんかおっぱい詰まってるな~?」と感じてから約半日で寒気がでてきて、一日経つ頃に発熱・風邪症状がでてくるパターンの多いこと!
風邪のひきはじめは詰まってるけど、実際に風邪症状がでている間はだいたいおっぱいぺっしゃんこで分泌が悪い感じがします。

長男の時はそもそも、こんなに風邪ひいてなかったなー。
長男がひいた軽い風邪が、わたしに感染した時点で重症化するというのを冬の間延々やってました。

暖かくなってはきたけれどまだまだ寒暖差が激しいからか、4月入ってからもしょっちゅう風邪ひいてます。
いまちょうど治りかけなんだけど、今回の風邪はおっぱいの詰まりで予見できたんですよ。
すぐ葛根湯飲めたから、重症化だけは防げました。
もっとはやく気付けばよかったな、この法則に…!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育児

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.