ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

すてきな育児グッズ

幼稚園生になる3歳の春までにおむつを外すことを目標に、2歳男児とゆるくトイレトレーニングはじめました。

投稿日:2016-07-04 更新日:

「いっそずっとおむつを着けていてくれたら粗相もないし楽だわ~」とすら思っていたダメな母の思惑とは裏腹に、随分前からトイレに並々ならぬ執着を見せていた息子。
つわりが落ち着いた春先から、俗に言うトイレトレーニング(以下「トイトレ」)を始めることにしました。

 

トイトレを始めた頃の息子の様子はというと、

  • おしっこ・うんちをするとおむつを叩いて教えてくれる
  • 機嫌が良い際には、おむつを脱いで下半身裸になって母におむつ替えを要求
  • 親の手を引いてトイレに連れて行き、便器に座りたいとアピール
  • 親がトイレに入っているとひたすらコンコンノック。水を流す係をお願いしないといつまでも拗ねている

といった調子で、とにかくトイレに興味津々。
一時保育や託児所の利用も頻繁に行っていて、決まった時間にみんなでトイレに行く習慣のある施設も少なくなかったので、その影響が大きいかもしれません。

ただ、日中主に息子の面倒をみているわたしも切迫経験がある妊婦。

極力イライラしたくないし、拭き掃除もしたくない。

ということで当面の間、我が家はおむつを外すことを目的にしないトイレトレーニングをすることにしました。
3歳になる春に幼稚園に入園させる予定なので、おむつ外しはその時までの目標に。
トイトレは、「トイレって楽しい!」という息子の気持ちを大切に育てるためのものと位置づけたのです。

  • 時間を決めて声かけなどはせず、息子がトイレに行きたがった時に補助便座に乗せる
  • トイレに行ったタイミングで、必ずおむつを新しいものに替える
  • 補助便座・踏み台のセットとお片付け、水を流すのは息子のお仕事

この三つのルールに則って行っています。
母、ストレスフリーです。
実際トイレで補助便座に座った時におしっこがでることはあまりないのですが、本人は「ちゃーしたー♡」と喜んでいるのでまぁ良いかなぁ。
産後しばらくして落ち着くまではこのやる気のないルールで続けてみようと思っています。

 

ちなみに、補助便座は長期間使用しますし、毎日何回も目にするものなのでわたし好みのデザインのものを選びました。

ハイチェアと同じく、ベビービョルンの補助便座とステップを購入。
カラーはどちらもホワイトブラックにしました。

完全にデザイン先行で購入しましたが、軽くて嵩張らないので2歳の息子でも取っ手を握って自分で便座にセットすることができますし、「また無駄にオシャレなもん買って~」と呆れていた夫も「良いお買物だったんじゃない?」とあっさり意見を翻したほど我が家では好評です。

毎日のお手入れはトイレに流せるおしりふきで軽く拭く程度で、気が向いた時にはお風呂場でさっと丸洗いしています。
トイレに行くのが好きではないお子さんには好きなキャラクターのついた補助便座を用意してあげるのがベターかと思いますが、特にこだわりがなければ親の好みのデザインのものを選ぶとお手入れも楽しいですよ~。

 

ハイチェアはこちらの記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-すてきな育児グッズ
-

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.