ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

転勤族妻

子育て中の転勤族妻は働き続けられるのか

投稿日:2015-05-04 更新日:

日中落ち着いてニュースを見るのは難しいので、息子が寝たあとに新聞とネットニュースだけは目を通すようにしています。
息子が起きている間は再放送のドラマとEテレを観るくらいのもので、世間から置いていかれている感があります…。

さて、東洋経済ONLINEにこんな記事が掲載されていました。

週3で4時帰り!「パート派遣」激増の裏事情|東洋経済ONLINE

こういう求人、あるんだな~とじっくり見てしまいました。
『週3日・1日5~6時間勤務』
こういう環境で就業できたら育児や家事、そして仕事の両立が困難なものではなくなると思うんですよね。

スポンサーリンク

転勤族妻が考える、『妻』『母』の働き方

子育て中の女性の働き方

最近は子育て誌でもワーキングマザー向けの特集もかなり多くなっていて、子育てしながら働く女性の生き方を応援していますよね。

ただ、わたしは専業主婦も共働きのワーキングマザーも、どちらが偉いということはないと思っています。
子育てに専念したい。パートをしながら働きたい。正社員でバリバリ働きながらキャリアを積みたい。
そういった本人の希望通りの生活、就業スタイルがなかなか送れない現状に問題があるのではないでしょうか。
わたしの周りでも、妊娠・出産・育児に伴い不本意ながら退職したという人もいれば、本当はこどもと一緒にいたいけれど生活のために働きにでているという人もいます。
もちろんすべて希望通りというのは難しいでしょうけれど、社会保障や福祉が充実すれば希望に近付ける人も増えのではないでしょうか。

わたしが働きたい理由

主人の異動でこちらへ越してきた時は、役所の期限付契約職員として採用され一年半就業しました。
慣れない土地、こちらに知り合いがいない環境の中、職場で交わす会話や職場での評価に何度も救われたと思います。
主人に転勤があり、いつ異動があるかわからないという事情を話した上で採用していただいて、本当に感謝しています。

子育て中のお母さんってどうしても自己肯定感が低くなりがちだと思います。
どんなに頑張って子育てをしても社会から評価されない、報酬もない。『母親がしっかり子育てするのは当たり前』だから。

わたしは働くことが好きです。
息子を出産するまで、アルバイトも含めて掛け持ちをしながらたくさんの仕事をしてきました。
マネキン、ティッシュ配り、テレアポ営業、電化製品の営業、ファーストフード、出版社などなど。
出版社で働いていた時のツテで雇われママをしたこともありました。なんだかこう書くと黒歴史風ですが、わりとやりがいのある仕事でした。

仕事自体が楽しかったのはもちろんですが、続けてこられたのは会社から自分の仕事を評価してもらえたからだと思っています。
今後も環境とタイミングさえ合えば、外へ働きにでたいです。
その方が家で家事や育児だけをしていくより、自分の精神衛生上良いだろうと考えています。

転勤族の妻、働き続けられる?

ただ、自分が働きたいからといって会社に負担を掛けながら働けるほどのスキルは持っていないんですよね。
子育て中の転勤族の妻を雇うデメリットとしては、

  • いつ転勤で退職するかわからない
  • こどもの体調不良などの際、預けられる先がない

などが挙げられます。
看護師さんとか薬剤師さんとか、専門的な資格があれば転勤族でも比較的採用してもらいやすいと思いますが、office使えます!くらいではいつ辞めるかわからない人を採用するのはなかなか難しいですよね。
転勤族でなくても子育て中であればこどもの体調不良で欠勤することもありますが、インフルエンザなど長期間の登園・登校禁止の伝染病に罹った場合に頼れる先(祖父母など)があるのとまったくないのとでは違うと思います。
資格なし、頼れる先なし。いまのわたしでは働くのは難しいかもしれません。

せめて子育てが落ち着く小学校中学年頃からは働きたいと考えていますが、その頃にはブランクが10年以上あることになるんですよね。
officeなんてもうバージョンが変わりすぎてわけがわからなくなっていそうです…。

こどもが幼稚園に入園する頃にはすこしまとまった時間もとれるようになるので、なにか実用的な資格を取るために勉強の時間に充てられたら良いなと思っています。
数年後の自分へ、口だけにならないように釘を刺してみました。

 

自宅で資格取得が可能な通信制大学・大学院情報が満載!
主婦向けアルバイト情報はこちら
空いた時間を有効活用!資格取得の通信講座

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転勤族妻

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.