ゆるーい育児と転勤族の暮らし、とたまにミーハーな話。

なるべくシンプルに、

転勤族妻

引越経験2回の新米転勤族妻が考える『いいおうち』の選び方

投稿日:2015-07-11 更新日:

転勤族の我が家ですが、結婚してからの引越経験は2回のみ。
先輩転勤族妻のみなさんのブログなどを拝見していると、もう驚きの引越歴で尊敬の念を抱いております…。

もちろん良い物件の選び方、なんていうのも転勤族妻の諸先輩方から学んできたわけです。
『内見の際にはごみ捨て場や駐輪場をチェックせよ』とか。
共用部分が乱雑に扱われているマンションは、管理が行き届いていなかったり周辺の治安が良くなかったりするようです。
なるほどなーと思い、そこら辺は結構気にしながら物件探しをするようにしています。

引越回数は少ないですが、内見した物件は20を越えます。
新米転勤族妻であるわたしなりの良い物件の選び方の基準がなんとなくできてきたので、今日はそれをまとめてみようかなと思います。

 

スポンサーリンク

賃貸物件の選び方 優先度 ◎

駅・スーパー 徒歩7分以内

慣れない土地へ越してくると出掛けるのが億劫になるもの。
ただでさえ出不精なので、なるべくアクセスが良く生活するにも便利なエリアを選んでいます。
いま住んでいる地域は車社会なのですが、みなさま揃って運転が荒いことでも有名でして…。
ペーパードライバーのわたしは大人しく公共交通機関を利用しています。

水回りの清潔さ

築年数は気になりませんが、水回りは清潔なところを選びたいです。
掃除でどうにかなるレベルじゃないところもあるので。

収納が豊富

こちらの記事にも書いた通り、我が家にはタンスなどの大型収納家具がありません。

備え付けの収納が少ない家に住むと新たに収納家具を購入する必要がでてきますし、次の転居先の間取りによっては何度も買替えなければならなくなります。
購入費用や処分の手間を考えると、ここは転勤族としては譲れない点かも。

 

賃貸物件の選び方 優先度 ◯

天井が高い&ベランダが広い

なぜだかわかりませんが、天井が高かったりベランダが広い物件は管理が行き届いているところが多いんですよね。
物件選びで迷った時は、この二つをチェックすることにしています。

共用部分の利用状況

ベランダや廊下に物が多く置かれている物件は避けています。
収納が少ないということも考えられますし、共用部分にたくさん物が置かれていると放火による火災に繋がりやすいと聞いたことがあるので。

 

こんなところでしょうか。
引越までに十分な時間が取れないというのに、随分注文が多いなぁと自分でも思います。
今後も譲れない基準が増えたり、逆に諦めざるを得ないこともでてくるのでしょうね。
これまではこどもがいなかったり、大人しくしていられた乳児の頃の引越だったので何軒も内見に行くことができましたが、今後はそれも難しいでしょうし。

さて、次の異動はいつなのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転勤族妻
-

Copyright© なるべくシンプルに、 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.